おすすめ記事
悪役令嬢は庶民に嫁ぎたい!!1巻のネタバレ感想。脇役推しメンの元に嫁ぎたい!

こんにちは♪
すももです。

 

いきなりですが・・・。

 

乙女ゲームをやっていて、攻略出来る男性が自分の「推しメン」…ではなく、全く攻略対象ではないキャラクターを推す事だってありません?

 

今回はそんな乙女ゲームの世界に転生して「脇役」である推しメンと恋をしていく「悪役令嬢は、庶民に嫁ぎたい!!」

 

の1巻のあらすじとネタバレ感想です♪

 

 ここからネタバレが含まれます。
ネタバレOKであれば下へスクロール!
↓↓↓↓↓

 

スポンサードリンク

悪役令嬢は、庶民に嫁ぎたい!!簡単なあらすじ

主な登場人物

■イザベラ・アリー・ロッテンシュタイン
本作の主人公で、前世はコールセンターで働くOLだった。
乙女ゲーム「ラブ☆マジカル」のモブキャラ「ウルシュ」が好き。

 

■ウルシュ・スネイプル
乙女ゲーム「ラブ☆マジカル」のモブキャラ。
攻略対象ではない。

 

第1話:運命の再会

6歳のイザベラ・アリー・ロッテンシュタイン(イザベラ)には前世の記憶がありました。

 

前世はコールセンターで働く社会人でした。
前世のイザベラは、乙女ゲーム「ラブ☆マジカル」のモブキャラである「ウルシュ」が好きでした。

 

ある日、「ラブ☆マジカル」のグッズを買いに行くも、推しメンのウルシュのグッズが作られてなく、失意の内に階段から転落し…「ラブ☆ママジカル」の世界に転生したに至るのでした。

 

しかもお約束の「悪役令嬢」にです。
ゲームでの悪役令嬢であうイザベラは攻略対象のキャラクターにアタックしますが、今のイザベラは違います。

 

なんせ自分の目の前に最愛の推しメンである「ウルシュ」(何故かアリの行列を見ている)がいたのです。

 

ゲームでの推しメンであるウルシュ(しかも6歳)に出会えたイザベラは嬉しさのあまり、

 

「私と結婚してください!」
と、ウルシュに愛の告白をするのでした、

 

第2話:少年の宝物

ウルシュ・スネイプルは3人兄弟の真ん中です。
家族はウルシュに構う暇もなく、ウルシュは1人退屈な日々を過ごしていました。

 

ウルシュは、庶民ゆえに貴族の子ども達からいじめを受けており(いじめ、かっこ悪い!)自分に自信が持てていませんでした。

 

また、スネイプルの商会が大きくなった事で、他の紹介から「ファフニール」の一読と呼ばれ、その事がいじめをさらに加速させたのでした。

 

「ファフニール」とは、黄金に執着し抱え込んでいる毒竜の事であり、スネイプル商会は金の亡者と呼ばれるようになったのです。

 

そんなウルシュですが、彼に転機が訪れます。
イザベラとの出会いでした。

 

ウルシュはイザベラの事を気に入り、「自分の大事な宝物」にしようと決めたのでした。

 

一方イザベラは、乙女ゲーム「ラブ☆マジカル」にあったアイテムボックス「クローゼット」の力を手に入れて、どんどんチートキャラになっていったのでした。

 

第3話:婚約までの時間

イザベラは、ウルシュと出会いその場で「結婚して!」と愛の告白をしていました。(しかも返事はOK)

 

が、イザベラの父親からはまだ6歳なので「仮婚約」という形をとらされました。
ウルシュとイザベラの気持ちが変わらなかったら、9年後の15歳に婚約をするという約束です。

 

そんな中イザベラは、今後出会う予定の攻略キャラクター3人に出会わない方法を考えていました。

 

それは、学園生活が始まってから攻略キャラクターに出会わない為には、ウルシュと同じ「錬金術科」に行けばいい。

 

そう安易に考えていました。
フラグですね。分かります。

 

またイザベラは「クローゼット」の力の他に、「ステータス」という各キャラクターの能力を見る事が出来る事も発見しました。

 

試しに自分の能力を見ると、前世の自分がミニゲームとアイテム収集をやり込んだせいか、レベル99まで達していたのでした。
どこのチートキャラクターですか?

 

ウルシュと出会い、仮婚約をしてから2か月後。
全くウルシュと出会えていないイザベラ。

 

仕方がないので、前世で手に入れたレアアイテムの使い方の確認をしていたのでした。
透視能力は私も欲しい。

 

第4話:追う者、追われる者

イザベラは気配を消して(気配遮断)、メイドのマリーの後を追っています。

 

どうして後をついて行っているのかというと、イザベラはウルシュに会いたいのに家の住所を知りませんでした。
で、メイドのマリーはスネイプル商会に手紙を届けに行きます。

 

なので、イザベラはマリーの後を追えばウルシュの家を特定が出来ると踏んだのです。

 

ですが、メイドのマリーは同じ屋敷で働く従業員に告白→振られたショックでぼーっとしながら手紙を届けに行っています。

 

マリーの事を心配しながら尾行するイザベラですが、気付けば隣にウルシュがいたのです。軽くホラーです。

 

イザベラは気配遮断を使っていたのに、ウルシュはイザベラの事を見つけていたのです。

 

どうして分かったのかとイザベラは聞くと、ウルシュは

 

「他人の家で家族団らんに混ざってご飯を食べる技術があるから」

 

との事でした。
え?ウルシュ君の家庭はとても複雑なんですか?
他人の家族団らんに混ざるの、とても怖いんですけども。

 

そうこうしている内にマリーを見失う2人。
イザベラは、自分が持っているスキルを使って離れてしまったマリーを見つけますが、ウルシュはイザベラの能力に何の疑いも持ちません。

 

ウルシュはイザベラの発言は信じたいし、ウルシュの手元にイザベラを置いておきたい、お互いに離れなられない関係を築きたいからでした。何それこわ…。独占欲こわ…。

 

ボーッとしながら手紙を届けるマリーの元に追い付いた2人。

 

「おいお前!!」
なんとマリーは柄の悪い男の方々に絡まれていたのです。
2巻に続く!

 

「悪役令嬢は庶民に嫁ぎたい!!」を試しに読みたい場合はこちらのリンクから無料で読めますのでどうぞ♪
悪役令嬢は、庶民に嫁ぎたい!!

 

「悪役令嬢は、庶民に嫁ぎたい!!」のネタバレ感想と見所

ではでは、「悪役令嬢は庶民に嫁ぎたい!!」のネタバレを含む感想と見所を紹介していきます♪

 

イザベラとウルシュの出会い

乙女ゲーム「ラブ☆マジカル」の世界で未来の悪役令嬢に転生したイザベラは、ゲーム内ではモブキャラの扱いで攻略対象外だった「ウルシュ」と出会います。

 

イザベラは、出会えた嬉しさから「私と結婚しください!」とウルシュに逆プロポーズして、ウルシュがイザベラの告白をまさかの受け入れるをするんですね。

 

どうしてすんなり受け入れるのかは、第2話のウルシュ目線で分かるのですが、第1話の最初のウルシュは羊さんというかポヨポヨしていて可愛いんだけど、1話の最後!最後!

 

ウルシュが父親と席を外した時のウルシュの顔!!
( ̄ー ̄)←まんまこんな感じでニヤリと笑うんですよ。

 

んん?
どうしてニヤリと笑うんだ!?
えええ?

 

イザベラは「ほんわか笑顔に癒される生涯を暮らせる」と意気揚々ですが、いやいや何のフラグですか!!ってくらいのニヤリ顔なのがとっても気になります。

 

イザベラを利用する…とかでなければいいのですが。

 

ウルシュはイザベラを自分の宝物にする

第2話では、スネイプル一族の特殊能力って言っていいのかな?人や物や行為に異常に執着していまう「宝物」という能力で、イザベラ本人も知らず知らずにウルシュの「宝物」設定にされてしまうんですね。

 

イザベラを宝物にしてしまう…?

 

イザベラが、今後学園生活で出会う可能性が高いゲームの世界の攻略キャラクター達と仲良くしていたら、ウルシュ君はどうなってしまうんだろう?

 

イザベラの「結婚して」発言に対して、ウルシュ君の中で「絶対に逃がさないよ」なんてヤンデレ発言そのものじゃない?

 

この「宝物」設定が、今後どのようにイザベラを苦しめるのかが気になります。

 

絶対イザベラ苦しむでしょう!!
ウルシュ君とほわほわした生活送れない様な気がする…。

 

ウルシュの父親も、ウルシュが女の子を宝物にしてしまった事にショックを受けているし、お父さんの「母さんの対策は良く話合おう」も気になりますね。

 

1巻は最後までウルシュのお母さん出てきませんからね。

 

ウルシュ君は馬車を動かす為の「鞭」も持っています。
ウルシュ君本人は、「人」には使わないって言っていたけど、イザベラを狙う「悪」には使わないとは言ってないから。
攻略キャラの男性陣と血みどろになりませんように。

 

ウルシュの本性がだんだん見えてくる

第1話の最後で、( ̄ー ̄)と笑うウルシュ君からだんだんと話数を重ねていく毎に、ウルシュ君の「黒い部分」が出てきます。

 

今気づいたけど、( ̄ー ̄)の顔文字ってウルシュ君の為にあるような感じしない?

 

第4話ではウルシュ君の黒さがものすごく出ています(笑)

 

魔法を使ってメイドのマリーの尾行をしているイザベラは「自分のもの」だからすぐに見つける事が出来ます。

 

もう、怖いよこの子!!!!
めっちゃ独占欲の塊じゃん!!!!

 

イザベラはウルシュの「自分のもの」発言に対してキュンキュンしていますが、これイザベラの事を好きになる人が現れたら、ウルシュに埋められちゃうんじゃないかって心配になる。

 

他にも、イザベラを逃がさない為にもイザベラの発言は全て信じている発言もします。

 

怖い!!!!!!!
ニコニコの笑顔( ̄ー ̄)がなんだかどす黒く見えてきますよ!!

 

所々イザベラ以外には興味がない発言もみられますが…今後ウルシュ君の真黒な部分が沢山出てくるんだろうな~とある意味期待してます(笑)

 

イザベラも、そんな黒いウルシュにどこまで耐えられるかが見ものですね。

 

ゲームをプレイしていた時は、ウルシュはモブキャラゆえに性格が分かりませんでしたからね。
こうして実際にウルシュと接して、ウルシュの「現実」をどんどん見ていくんだろうなと思います。

 

ウルシュの
「僕がどんな性格って知っても逃げない?離れない?」
っていう発言からも、ウルシュ君の性格が真黒(ドSとかヤンデレとか)確定ですからね(にっこり)

 

イザベラの能力

イザベラは、前世のゲームで集めたスキルやアイテムとそのアイテムたちを収納した「クローゼット」という能力を持って生まれ変わっているんですね。

 

この設定は、他の悪役令嬢系の漫画であんまりみられないような気がします。
主人公チートキャラじゃないですか。

 

ちなみにイザベラが持っている特殊能力の中で、1巻で分かっているものは

・気配遮断(気配を消す事が出来る)
・七大罪の魔眼シリーズ
①傲慢:遠くまで景色を見る事が出来る
②憤怒:1巻ではまだ不明
③暴食:視界に入った物を「クローゼット」に入れる事が出来る
④色欲:透視能力
⑤強欲:1巻では不明
⑥嫉妬:1巻では不明
⑦怠惰:鑑定能力

です。

 

イザベラは、メイドのマリーを探すにもチート能力を使って探しますが、ウルシュはイザベラが特殊能力を使っても探し出す事が出来るから、もうイザベラは逃げる事が出来ないんだろうなと思います。

 

ウルシュ怖!!!
(感想こればっかりだな)

 

スポンサードリンク

悪役令嬢は庶民に嫁ぎたい!!2巻の展開予想

さてさて、「悪役令嬢は、庶民に嫁ぎたい!!」の2巻のストーリー予想をしていきますね!

 

2巻の最初の方で、イザベラが男たちに絡まれているメイドのマリーをチートアイテムや能力を使って助けます。

●年後とか時間が経過して、ウルシュ君の性格がだんだんSっぽく進化しているのをイザベラが感じながら、ウルシュと仲良くしている。

まだ魔法学校に入学はしていなくて、イザベラは何かのきっかけで攻略対象のキャラクターに出会う。

ウルシュ君真黒化。

 

なんて、ストーリーの流れを予想します(*^▽^*)
次の第2巻のネタバレ感想が出来たら随時アップしていきます♪

 

「悪役令嬢は、庶民に嫁ぎたい!!」 まとめ

今回は、「悪役令嬢は、庶民に嫁ぎたい!!」の1巻のネタバレ感想でした♪

 

好きな推しメン(モブキャラ)と平凡な生活を送りたいイザベラですが、推しメンのウルシュの性格や行動が、今後イザベラにどんな束縛を与えるのか…今から期待です♪

 

ここまで読んでくれてありがとうございました♪
記事の感想や「ウルシュ君トドS化希望!」の意見がありましたら、下にコメント欄がありますので、そちらにお気軽にコメントを残していってください♪

 

「悪役令嬢は、庶民に嫁ぎたい!!」1巻はこちらから読めるのでどうぞ♪⇒悪役令嬢は、庶民に嫁ぎたい!!

 

 

では、「悪役令嬢は、庶民に嫁ぎたい!!」2巻に続きます~!

 

スポンサードリンク

 
ここまで読んでくれてありがとうございました♪
 
ランキングに参加しています。
記事が良かったらポチっとお願いします|д゚)つ人気ブログランキング

 

スポンサーリンクの下にコメント欄もあるので、コメントがあったらお気軽に|д゚)b

スポンサードリンク
おすすめの記事