おすすめ記事
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった20話のネタバレ感想!会長の名は。

こんにちは♪
すももです。

 

今回は、「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった」20章のあらすじとネタバレ感想です♪

 

黒幕だった会長の名前を知ったカタリナ達はどうするのか・・・気になるな!!

 

 

 ここからネタバレを含みます。
ネタバレOKであればそのまま下へスクロールお願いします♪
↓↓↓↓

 

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった第20章あらすじ

主な登場人物

■カタリナ・クラエス
主人公で前世の記憶を取り戻した「悪役令嬢」
破滅フラグを回避する為に、沢山のキャラクターを手籠めにしていく(笑)
将来は、畑作業をして世性を過ごすと決めている。

 

■ジオルド・スティアート
カタリナの婚約者で、カタリナラブその1。
ゲーム上では腹黒王子設定。

 

■キース・クラエス
カタリナの義理の弟で、カタリナラブその2。
ゲーム上では女たらし。
(ちなみに、管理人すももの推しメン)

 

■アラン・スティアート
ジオルドの双子の弟。
メアリの婚約者として通っている。
本人も気付いたカタリナラブその3。

 

■メアリ・ハント
カタリナの友達で、アランの婚約者。
カタリナラブその4。胸がでかい。

 

■ニコル・アスカルト
人形のような美貌の持ち主。
カタリナラブその5。シスコン

 

■ソフィア・アスカルト
ニコルの妹で、白い髪と赤い目の持ち主。
カタリナラブその6。
その正体は親友のあっちゃんが転生した姿。

 

第20章:訪れる破滅の足音⑧あらすじ

ディーク侯爵は女好きで遊び人。
デューク夫人は夫に愛想が尽き一人息子だけが希望の光でした。

 

ところが、一人息子は不幸の病に倒れてしまいます。

 

そしてさらに不幸な事に、デューク侯爵の愛人には子供がおり、正妻の息子にはない「健康」や「侯爵の愛」を持っていました。

 

デューク侯爵の妻は、自分の最愛の息子を助ける為に、禁断の術に手を染めます。

 

禁断の術には生贄が必要です。
デューク家の一人息子「シリウス」の意識を・・・いけにえの「愛人の息子」に・・・。

 

・・・・
カタリナ達はマリアがいる小屋を見つけます。
マリアは小屋の中におり無事でした。

 

会長ーシリウス・デュークは、マリアがいた部屋のさらに奥にいました。

 

カタリナは乙女ゲーム内の会長の攻略方法は分からないままでしたが、マリアの光の魔法の力を借りて、シリウスの元へと行く事に。

 

部屋の奥へと進むと、シリウスが壁の方を向いて立っていました。

 

魔法が解けたカタリナを見て驚くシリウス。
シリウスはカタリナの命を奪う為に眠らせたと言いましたが、カタリナは自分の命を奪うつもりはなかったと話します。

 

シリウスに語り掛けるカタリナに対して、シリウスは「この偽善者!」と罵倒しますが、カタリナは「悪役令嬢で主人公じゃないから人を救う事は出来ない!」と胸を張って言いました。

 

カタリナはあくまでも自分はマリアのライバルキャラ(違うけど)であり、聖女ではないから、シリウスを救う事は出来ないと言います。

 

しかし、シリウスの側にいる事は出来ると。
カタリナは言います。

 

「そばにいる事はできるから…だから、一人で泣かないで」

 

カタリナと仲間達と共に…
「一緒に行きましょう。ラファエル」

 

今までの辛さや悲しみ、闇の魔法がラファエルから消えていったのでした。

 

(全私が泣いた(´Д⊂ヽ)

 

スポンサードリンク

 

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった20章のネタバレ感想

ではでは、「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった」の20章の感想を語っていきます~(*^▽^*)

 

冒頭のストーリーは、ラファエルが、本物の「シリウス・デューク」の意識を植え付けられた場面だったのね。

 

本物のシリウスの生贄になって、ずっと「シリウス」として生きていたって考えるとかなり過酷な人生だよね。

 

どうしてもシリウスになって欲しいとかではなく、恨みつらみの中だものね。

 

でも聖女カタリナ様によって、闇の魔法が消えていったから、次回からはラファエルもカタリナ様に想いを寄せる人物の一人になるんだろうなと。
(乙女ゲームの攻略的にも(笑))

 

おめでとう!
ライバルが増えたよ!

 

あれ?
ラファエルは、本物のシリウスとして生きてきたんだよね?って事は、ラファエルの精神?意識?人格?なんかはどうなっているんだろう?

 

それに、ラファエルはどうやって「闇の魔術」を手に入れたんだろう?
漫画を読んでいる限りでは、ラファエルは生贄であって、魔術を使っていたのはデューク侯爵夫人な気がするし…。

 

う~ん…?次回分かるのかな?

 

はめふら21章の展開予想

「「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった」の略語は「はめふら」でいいのかな?

 

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった最新19話のネタバレ感想!友情が奇跡を生む!の予想展開・・・見事的中してました(*^▽^*)やったね!!

 

(あっ小説版は未読なので、話の展開は知りませんでしたよ。念のため)

 

次回の展開予想ですけど…。
ラファエルの闇の魔法が消えたから、日常生活に戻るのかな?と予想して…。

 

21章の展開予想

カタリナの元にラファエルが訪れる

カタリナに呪いをかけてしまった事を誤るラファエル

人たらしスマイルのカタリナが「大丈夫よ!気にしていないわ」みたいなことを言う

ラファエルもカタリナの事を想う様に。
キースは「あああライバルがまた増えていく」と落胆する。

 

と予想します(`・ω・´)
カタリナはいったい何人の男女を落としていくのでしょうか?

 

どんどんライバルが増えていって、みんなやきもきするんだろうな(にっこり)

 

スポンサードリンク

 

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった第20章の感想 まとめ

今回は、「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった」の第20章のあらすじと感想でした。

 

今回でシリウス・デューク編は終わった?かもしれないから、次回からはまた新しい話になるのかな~と期待しつつ、次回へ続きます♪

 

⇒第21章のあらすじはこちら♪
⇒今までのはめふらはこちら♪

 

 
ここまで読んでくれてありがとうございました♪
 
ランキングに参加しています。
記事が良かったらポチっとお願いします|д゚)つ人気ブログランキング

 

スポンサーリンクの下にコメント欄もあるので、コメントがあったらお気軽に|д゚)b

スポンサードリンク
おすすめの記事