美味しく食べられるオートミールレシピ
オートミールのねばりをなくす方法を実際にやってそのまま食べてみた

こんにちは。
舞子です。

 

とある日に、
オートミールでビビンバ作ってみた時があったんですね。
(その失敗レシピもいつか更新します)

 

で、
その時に完成したビビンバがネバネバしていたんですよ。

 

なんだこれは・・・?
私は何を食べているの?

 

ってオートミールがドロドロになった時と同じ虚無感を味わったんです。

 

オートミールのリゾットや雑炊だと、
ネバネバをごまかせるけど、

 

ビビンバやチャーハンにしたいときには、
オートミールのネバネバとした粘り気って不向きな希がするんですよね。

 

で、
この広大なインターネットの海をさまよっていたら、
オートミールのネバネバが取れる方法をしったので、
実際に試して試してみました。

スポンサードリンク

オートミールの粘り気をとってみた!

というわけで、
実際にオートミールの粘り気を取ってみました。

 

このブログを参考にしました。
ありがとうございます(*- -)(*_ _)ペコリ
しろむログ

 

ざっくり説明するとオートミールを湯銭するだけ。

 

これだけで、
オートミールの独特の粘っこいあれが取れるようです。

 

今回は湯銭は2回行いました。

スポンサードリンク

 

どうして2回にしたかというと、
沸かしたお湯が2回分だけだったから(笑)

 

もっとお湯があれば粘り気はもう少しとれたかなと思います。
まあ2回でも十分でしたが。

 

実際に湯煎してみた写真は撮り忘れましたが(笑)、
2回湯銭だと、
触ってみてネバネバは残っている感じでした。

 

でも、
その場で湯煎したオートミールを食べると、
確かに粘り気は抑えられていました!

 

あの独特なねばりがなくて、
たとえるならふやけたお米って感じかな。

 

チャーハンとかビビンバとか、
汁気のないオートミールの米化レシピにはもってこいな気がします。

 

ちなみに、
お湯で湯煎すると、
オートミールに含まれる栄養素が少なくなる?洗い落とされるみたいですが、

 

私はオートミールの栄養自体にはあんまり興味ないし、
私自身がゆるゆるにオートミール生活をしているので、

 

栄養素が失われようがなんだろうが、
美味しく食べれて、
沢山食べても体重がキープできればそれでいい!

 

そんな感じで、
湯煎したオートミールでチャーハンを実際に作ってみたので、
こちらの記事に続きます→オートミールのチャーハンを作って食べたよ【米化レシピ】

スポンサードリンク

ここまで読んでくれてありがとうございました♪

ランキングに参加しています。
記事が良かったらポチっとお願いします|д゚)つ
人気ブログランキング

他の記事も読んでみる?